冷蔵庫購入NAVI
冷蔵庫購入NAVI

食品の収納方法

冷蔵庫の中には、様々な食品が入っています。形や量もバラバラの食品をすっきりと冷蔵庫に収納するのは、意外と大変です。詰め込み過ぎると、食品の鮮度が落ちるばかりでなく、賞味期限まで食べきれない……なんてことも。ここでは、冷蔵庫の部屋ごとの上手な収納方法を覚えましょう。

ドアポケット

冷蔵庫を開けたときに、目につきやすいドアポケット。ポケットと言っても、携帯用のマヨネーズやケチャップ、ドレッシングなどを収納するには、広くてバラバラになりやすいですね。そういった細々としたものは、牛乳パックやペットボトルを小さく切ったものを利用し、そこに入れておくと良いでしょう。

分けて収納するのがコツ!

収納するコツ

牛乳やペットボトルの飲み物、瓶の調味料などの形や大きさが同じようなものは、下段のドアポケットに入れましょう。ジャムなどの小瓶は上段のドアポケットがお勧めです。また、食べかけの袋物なども大きめのクリップで開封口を止め、中段のドアポケットの外側にかけておくと忘れません。

冷蔵室

冷蔵室には多くの食品が入るため、奥に詰め込んでしまったものは取り出しにくいですし、つい忘れがちになります。それにジャムやマーガリン、海苔佃煮や鮭フレークなどはちょっと大きいと、ドアポケットには収納できない場合があります。そんなときには、100円ショップで売っているようなメッシュタイプでプラスチック製のカゴを利用しましょう。カゴにまとめておけば、取り出しやすくて便利です。

食べ残し・使いかけは中段に!

綺麗に収納

食べ残しや使いかけは、必ず目線の高さに収納しましょう。また、賞味期限の短い食品も同様です。一度封を切ってしまうと、いくら冷蔵庫に入れていても、腐りやすくなります。できるだけ早めに食べたり、使い切ってしまうように心がけましょう。


ラベルを貼る!

食品をまとめたカゴには、何が入っているかを書いたラベルを貼っておくと良いでしょう。加えて1つ1つの食品には、開封日を書いた小さなシールなどを貼れば、どれくらいの日にちが経っているか、分かりやすいですね。こうすることで、同じ物を何個も買ってしまった……ということを防げます。また、シチューなどの余りものも、作った日を書いておくと、無駄がありません。

野菜室

野菜は、畑に植えられているときに近い状態で保存すると、長持ちすると言われています。そのため、立てた状態で保存したほうが良いのですが、にんじんやキュウリの場合、最初は袋ごと立てて収納していても、本数が減ってくると他の大きな野菜と紛れて、どこにあるのか分からなくなることもあります。そこで、また活躍するのが、半分くらいの高さに切ったペットボトル。そこに野菜ごとに分けて入れると、散らからずに助かります。

密閉容器にまとめる!

野菜室で困るのが、小さくなってしまった使いかけの野菜の収納。1つずつ、ラップをかけるのは面倒ですよね。なので、小さな使いかけの野菜は、まとめて密閉容器に入れ、冷蔵室にしまいましょう。食材を使い切るためには、取り出しやすさも大事です。

冷凍室

冷凍室の場合も野菜室と同様、食品を立てて入れることが上手な収納のポイントです。スープやカレーなどは、フリーザーパックに入れます。余ったご飯はラップに包み、少しならしてから、フリーザーパックに入れましょう。そうすることで、積み重ねるのではなく、立てて収納できます。立てると収納スペースが増えますし、何がストックされているのか、確認しやすくなります。

不要なものは外す!

冷凍食品

冷凍食品やアイスといった冷凍保存するものは、開封したらトレーや箱は捨ててしまいましょう。食品がコンパクトになるので、冷凍室の中がかさばることなく、効率よく収納することができます。


基礎知識のカテゴリーへ
選び方のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ
Q&A詳細ページへ

ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 冷蔵庫購入NAVI  All Rights Reserved.