冷蔵庫購入NAVI
冷蔵庫購入NAVI

人気メーカーの冷蔵庫

みなさんは、どこのメーカーの冷蔵庫を使っていますか?ここ数年で、大容量かつ省エネの冷蔵庫が続々と登場しました。本当に様々な機種があり、選ぶのに困りますね。ここでは、人気メーカーの冷蔵庫の特徴を紹介していきましょう。

日立

日立の冷蔵庫には、大容量化はもちろんのこと、消費電力量が少ない省エネタイプなどが多くあります。中でも、真空状態で保存することができる「真空チルド機能」は、食品の鮮度を維持しながら長期保存が可能なため、多くの人に好評を得ています。そのほか、日立はガラス仕上げのドアや両開きタイプなど、次々と新しいデザインを提案して、冷蔵庫に新風を吹き込んでいます。

霜を再利用!

いつも省エネに力を入れている日立の冷蔵庫ですが、霜を再利用して冷却する新しい機能ができました。「フロストリサイクル冷却」という、この機能は、冷蔵庫内に付く霜を溶かさずに、霜の水分と冷たさを利用して、冷蔵室と野菜室を冷やす……というものです。消費電力の削減とともに、食品を乾燥から守ることもできます。

パナソニック

パナソニックの冷蔵庫は、コンプレッサー(圧縮機)をコンパクトにして、冷蔵庫の上部に配置した「トップユニット方式」が大きな特徴と言えるでしょう。また、引き出し収納も魅力的!奥に入れた食品も簡単に取り出すことができると、人気になっています。さらに、テレビコマーシャルで目にして「エコナビ」が気になっている人もいるのではないでしょうか。これは、ドアの開閉状況や周囲の明るさをセンサーで感知し、無駄な冷却をコントロールする機能です。この優れた機能により、省エネ性能がますますアップしました。

冷蔵庫が自ら省エネ!

夜中、みんな寝静まって誰も使わなくなったら、冷蔵庫が自らパワーセーブします。開閉センターと照明センサーで使われていないときは、自動で省エネ運転!これまで、こんなに賢い冷蔵庫があったでしょうか。パナソニックの冷蔵庫は、地球環境にも、お財布にも優しい冷蔵庫と言えますね。

三菱電機

「切れちゃう冷凍」や「透明製氷室」「ビタミン増量野菜室」など、新しい技術と使い勝手の良さから主婦たちに大きな支持を得ている三菱電機の冷蔵庫。このメーカーは長い間、冷蔵庫シェアNo.1の座を獲得し続けてきました。ほかのメーカーから次々と発売される冷蔵庫に負けず、人気冷蔵庫ランキングでは、必ずと言って良いほど上位にランクインしています。最近では、光パワーで除菌・消臭して、冷凍の質をあげる「光パワー瞬冷凍」などの機能が注目されています。

光のパワーを利用!

三菱電機の冷蔵庫は、“光”に着目しています。光センサーの「光ムーブアイ」で食品自体の温度を感知することで、集中的に冷やして熱いまま冷凍ができたり、光で野菜のビタミンを増やしたりすることができます。さらに、LED(発光ダイオード)により、光触媒フィルターを活性化させて食品の除菌・脱臭をしたり、除菌されてカルキが減った水でキレイな氷を作るなど、冷蔵庫の機能に“光”のパワーを取り入れて、清潔・鮮度維持といった効果を高めているのです。

シャープ

シャープは、左右どちらからでも開閉可能な「どっちもドア」や保温ができる「ホット庫」など、個性的な機能とネーミングで人気のメーカーです。シャープの冷蔵庫は、高性能コンプレッサーとワイドリニアインバーター制御で省エネNo.1を達成しました! 冷蔵庫内にはLED(発光ダイオード)を採用しているため、低消費・長寿命で省エネにも貢献しています。

プラズマクラスター!

「プラズマクラスターはシャープだけ!」テレビコマーシャルでもお馴染みの空気清浄機などに採用されている機能が、ついに冷蔵庫にも搭載されました。これは、自然界と同様のプラス・マイナスイオンをプラズマ放電することで、浮遊ウィルスを抑制し、カビやニオイを分解・除去する技術です。このプラズマクラスターのおかげで、冷蔵庫内が清潔に保たれます。

基礎知識のカテゴリーへ
選び方のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ
Q&A詳細ページへ

ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 冷蔵庫購入NAVI  All Rights Reserved.