冷蔵庫購入NAVI
冷蔵庫購入NAVI

仕組み

みなさんは、冷蔵庫に食品などを入れるとなぜ冷えるのか、ご存知ですか?基礎知識として、まずは冷蔵庫が冷える仕組みを見ていくことにしましょう。また、冷蔵庫の冷却方式も、2タイプに分けられます。今話題の「ツイン冷却」についても、併せてご覧下さい。

代表的な仕組み

冷蔵庫が冷える仕組みは、主に「ガス圧縮式」、「ガス吸収式」、「電子式」の3タイプがあります。

ガス圧縮式

コンパクトな冷蔵庫

ガス圧縮式は、気化熱と凝縮熱によって冷やすシステムで、主に一般家庭用の冷蔵庫に使われています。物質が固体、液体、気体と状態を変えるときに、熱を発生したり、周囲の熱を吸収したりします。この変化によって得られる吸熱を利用しているのが、ガス圧縮式冷蔵庫になります。

ガス吸収式

ガス吸収式は、ガス圧縮式と同様、気化熱と凝縮熱によって冷やすシステムで、国内産第1号の冷蔵庫に使われました。冷却時には、ヒーター(電気)のほか、ガスや蒸気なども用いられます。音が静かなため、ホテルや病院の個室などによく設置されています。

電子式

電子式は、気体や液体を使わずに「ペルチェ効果」という現象を利用しているシステムで、自動車用の小さな冷蔵庫などに用いられています。装置が小さく、静音なのが特徴です。ペルチェ効果とは、2種類の金属を接触させて電流を流すと、温度が下がる現象のことを言います。電子式の冷蔵庫は、安く購入することができます。

その他の仕組み

代表的な仕組みのほかにも、いくつかの“冷す仕組み”があります。ここで紹介するのは、冷蔵庫にはあまり使われない仕組みです。

スターリング冷凍機

スターリングエンジンを外部の動力で回転させ、温度差を生じさせます。スターリングエンジンとは、密閉したシリンダの外側から熱(高温・低温)を加え、空気の膨張・収縮を利用してピストンを動かす外燃機関です。

ケミカルヒートポンプ

可逆的化学反応を利用し、熱の出し入れを行います。「可逆的」とは、例えば、凍らせた水を温めると、元の状態に戻るというように、“逆”が可能なことをいいます。

水素吸蔵合金

水素吸蔵合金に水素を吸収、放出する際に、吸熱する現象を利用します。

冷却方式

冷蔵庫の主な仕組みについて、お分かりいただけましたか?次に、冷却方式について説明したいと思います。冷却方式は、「直冷式」と「間冷式」があります。

直冷式

この直冷式は、冷気自然対流方式とも言われています。冷蔵庫の天井や壁などに冷却器を取り付けて、冷気を対流させることで直接冷します。食品の入れ方によっては、冷気が行き渡らない場合もあるため、注意しなければなりません。日本の住環境は多湿で、冷却器に霜が付いてしまうため、家庭用の冷蔵庫に用いられることは少ないですが、ヨーロッパではこのタイプが主流です。

間冷式

いろいろな食材

この間冷式は、冷気強制循環方式とも言われています。冷蔵庫の奥のほうに冷却器とファンを取り付けて、そのファンで冷蔵室と冷凍室(冷凍庫)に冷気を送ります。直冷式同様、冷却器に霜が付きますが、間冷式の場合は自動で霜取りをすることができます。日本やアメリカではこのタイプが主流です。

ツイン冷却って?

最近は、ツイン冷却の機能を持つ冷蔵庫が人気を集めています。ツイン冷却も、冷却方式の中の1つですが、冷却器が2つ取り付けられている点で、上記のタイプとは少し異なります。

主な特徴

ツイン冷却の特徴としては、冷蔵・冷凍用の2つの冷却器が取り付けられていることが挙げられます。1つの冷却器が冷蔵室・野菜室、もう1つの冷却器では、冷凍室(冷凍庫)や製氷室を冷すというシステムになっています。それぞれ専用の冷却器を使うため、冷蔵室・冷凍室(冷凍庫)ともに温度が安定し、しっかり冷すことができます。また、冷蔵室では食品に直接風を当てずに、水分を取り過ぎることなく冷すことができるので、ラップをしなくても新鮮さが保たれます。

基礎知識のカテゴリーへ
選び方のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ
Q&A詳細ページへ

ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 冷蔵庫購入NAVI  All Rights Reserved.