冷蔵庫購入NAVI
冷蔵庫購入NAVI

Q&A

「どうやって手入れするの?」「引っ越すときの運び方は?」「処分するには?」……など、冷蔵庫に関する疑問も色々あるのではないでしょうか。ここでは、そんな疑問をいくつかQ&A形式でまとめて紹介しましょう。みなさんの疑問解消のお役に少しでも立てたら、嬉しいです。

Q1.冷蔵庫のお手入れ方法は?

A

冷蔵庫のお手入れは、「上段から下段へ」が基本になります。食品を交互に片側に寄せて、台所用洗剤を含ませて固く絞った布で拭いていきます。棚だけでなく、ドアポケットも忘れずに拭きましょう。最後は乾拭きをして、仕上げます。これが、日頃のお手入れです。 年に1~2回は、冷蔵庫の大掃除をしましょう。中身の食品を全部取り出し、電源を切ります。食品は、捨てるものと取っておくものに分けましょう。棚やケースなど取り外せるものは台所用中性洗剤でしっかり洗い、水気を切っておきます。次に洗剤を含ませて固く絞った布で、冷蔵庫の中を拭きます。汚れがひどい場合は、クリームクレンザーをつけてこすったあと、水拭きします。最後に、乾拭きで仕上げましょう。食品についている水分を拭き取ってから、冷蔵庫に戻します。

Q2.冷蔵庫の運び方は?

A

引っ越しなどで、冷蔵庫を移動させなければならないこともあるでしょう。冷蔵庫の運び方の基本としては、引っ越しの前日までに中身を空にしておくことです。搬出・搬入作業の際に傾けるので、中身が入っていると、冷蔵庫の損傷・故障の原因になります。また、冷凍庫に付いている霜を溶かすために、コンセントを抜いてドアを開けておきましょう。もし霜が多くて溶け切らない場合は、冷凍庫内にタオルなどを敷き、水が流れ出ないようにして下さい。 引っ越し業者に頼まず、自分で運ぶ場合には、冷蔵庫をできるだけ立てた状態で運びましょう。横にしてしまうと、冷蔵庫内のオイルが他の部分に流れ込んだり、ガスが抜けたりして、故障の一因となるので注意が必要です。

Q3.冷蔵庫の処分方法は?

A

冷蔵庫、テレビ、洗濯機・乾燥機、エアコンの家電4品目は、家電リサイクル法によって、リサイクルすることが義務付けられています。このため、処分時に必要なリサイクル料金は、全国一律となります。メーカーなどによっても異なりますが、冷蔵庫(冷凍庫も含む)の場合は、約4000~6000円のリサイクル料金がかかります。 具体的には、「購入店に引き取ってもらう」または「指定された引き取り場所に持って行く」という処分方法があります。お店に引き取ってもらう場合、購入店でなくても、リサイクル料金と運搬料金さえ払えば、引き取ってもらうことができます。ちなみに、運搬料金に関しては、お店によって異なります。

Q4.冷蔵庫内や床に水が溢れるときは?

A

自動製氷機の給水タンクや水受け皿に問題があるか、冷蔵庫を動かしたときに問題が生じたか……この2つが考えられます。 自動製氷機の給水タンクがちゃんとセットされていなかったり、フタがしっかり閉まっていなかったりしませんか?そうでなければ、タンクに付いているラインよりも上まで水を入れていませんか?さらに、水受け皿もきちんとセットされていなければ、水漏れの原因になります。これらの点をチェックしてみましょう。 また、引っ越しなどで冷蔵庫を動かす際に、給水タンクに水を入れたままにしませんでしたか?冷蔵庫を移動するときには、必ず製氷機関連の水を抜いておくようにして下さい。これらの処置をしても直らない場合は、故障が考えられます。

Q5.冷蔵庫の寿命は?

A

冷蔵庫の寿命は、その製品によっても異なりますが、たいていの場合は約10年と言われています。冷蔵庫などの大型家電製品は、寿命とされる期間が、メーカーによるサポート期間になっていることも少なくありません。ただ「寿命=サポート期間」ではないので、注意しましょう。 基本的に、短い期間で買い替えが必要になるものではありませんが、使用環境や使用方法、頻繁な移動、冷蔵庫のシステムに発生したトラブルなどによって、寿命が短くなることも考えられます。

基礎知識のカテゴリーへ
選び方のカテゴリーへ
雑学のカテゴリーへ
Q&A詳細ページへ

ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 冷蔵庫購入NAVI  All Rights Reserved.